K.Kさん(正社員)
25歳2012年入社磯丸水産所沢店店長
初めて店長を任された店舗が、売上部門では約150店中6位を獲得。
自分の采配が結果に結びつくことのやりがいと責任を実感する日々。

飲食業は人と人との繋がりがあってこそ。人を育てることで自分も成長

  • 高校時代の焼き肉店でのアルバイトに始まり、一貫してフードビジネスに関わってきました。飲食店は、人と人との関係が作り出す仕事です。お客様がいて、一緒に働く仲間もいる。一人では味わえない楽しさがある仕事だと思っています。
  • 磯丸水産のアルバイトを始めたのは、24時間営業で深夜シフトも選べる上、会社として勢いもあったから。当時は町田に住んでいたので、町田店のアルバイトに応募して採用されました。磯丸水産では業態の特性上、魚をおろせる調理の専門スタッフが多いのですが、私は接客サービスが好きだったので最初の1,2年は店内フロアを専門に担当していました。
  • 社員になったのは、入社して1年後のことです。その後、4か月ほどで磯丸水産新宿南口店の立ち上げに参加。新人のアルバイトに教えるためには、新しい店舗のやり方をまず自分が覚えなければなりません。新人への教育が自分の教育でもある日々でした。
  • また、人を育てることの難しさも痛感させられました。「指導・躾はそのとき・その場」と言いますが、今思うと、当時の私は叱る術を知らなかった。信頼関係ができていないなかで、叱っても相手には届きません。普段のコミュニケーションの重要性を学びました。

店長を目指して準備を開始。調理場も経験してキャリアを積む

  • その後、磯丸水産六本木店の立ち上げ業務を経て、渋谷道玄坂店へ。この頃には、店長を目指したいという気持ちが強くなっていました。店長を目指すためには、調理場の仕事も覚えなければなりません。そのためには現場を経験するのが一番。最も重要な衛生ルールの習得も含め、現場で経験して身に付けていきました。調理場の責任者も任されるようになり、店長になる準備が整ったかという段になって、今度は渋谷マークシティ横店に異動。ここの店長をお手本に5か月ほど、店長業務についてしっかりと学ばせてもらいました。
  • 磯丸水産をはじめとするSFPホールディングスでは、一般社員の異動の内示はスーパーバイザーから店長を経由して伝えられます。それがある日、スーパーバイザーから直接、電話がかかってきました。これは一般社員の内示ではなく店長クラスの異動の証拠。うれしかったですね。
  • 異動先は磯丸水産浦和店でした。ここでは店長代理として経験を積み、その後、磯丸水産所沢店に異動。ここで念願の店長に昇格しました。

お客様の評価が一番の報酬。よりよいサービスを目指して店舗一丸で取り組む

  • 店長としての目標は、サービスレベルが高いお店を作ること。たとえば、オーダーをいただくときに、調理に少し時間がかかるものが多いときは、すぐお出しできるメニューを追加でお勧めします。また、初回のご来店の方には看板メニューの魚貝をお試しいただけるようにお声がけさせていただいています。
  • みんなで和気あいあいと働く楽しさもありますが、飲食店ですから「ありがとう」「おいしかったよ」「また来るね」といった言葉をお客様からいただけることが大事。満席で忙しいのが何よりうれしいものです。そのためにどのような努力をするべきか、社員やアルバイトという立場に関係なく、全員で真剣に考えていくことが大切なのだと思っています。
  • SFPホールディングスは、前を向いて頑張る人にはチャンスをくれる会社です。そして、悩んでいるときには親身に相談にのってくれたり、助けくれたりする人が必ずいます。もちろん、私と一緒に働くことがあれば全力でバックアップさせていただきますよ!
  • 当面の目標は、磯丸水産の店長約150人の頂点に立つこと。そしていつかは全社スケールで人材教育に関われるポジションにつくのが夢です。人生は自分の行動次第。上を目指して挑戦し続けていきます。

■入社から現在までの歩み

磯丸水産 町田店 配属
アルバイトで入社。最初は磯丸水産に入社前からやっていたもつ鍋屋さんのアルバイトと掛け持ちで、
9月からは磯丸水産一筋。2012年5月には社員に。
磯丸水産 新宿南店 配属
社員の業務にやっと慣れたとたんに磯丸水産の新店舗の立ち上げを担当。フロアの仕組みを作り上げる。
磯丸水産 六本木店 配属
六本木店の立ち上げに奔走。住宅地でも学生街でもない場所でのアルバイト採用の難しさを知る。
磯丸水産 渋谷道玄坂店 調理場の責任者に昇格
自分の将来が徐々に明確になってきた時期。店長になる目標をロックオン。
磯丸水産 渋谷マークシティ横店 配属
数ある磯丸水産の中でも、“カリスマ”と言われる店長のもとで、約半年間、店長を目指す最終修行。
磯丸水産 浦和西口店 店長代理に昇格
10月に浦和西口店に異動し、店長と一緒に店舗責任者としてマネジメントを任される立場になり、
店舗のトップに立つことの責任の重さを痛感。
磯丸水産 所沢店 店長に昇格
4月に念願の店長に。24歳での店長昇格は、磯丸水産の中でも当時の最年少記録。
さらに自分を磨き、今後は人を育てる役割を担っていきたいと意欲を燃やす。

求人を探す

PAGETOP